写楽と豊国 −江戸の美と装い


颯爽と姿を現し、忽然と姿を消した東洲斎写楽とそのライバルで、のちに浮世絵界で最大の流派となる歌川派を拡大した歌川豊国を軸にした浮世絵を中心に140点を展示する。浮世絵を通じて、江戸の人々を夢中にさせたファッションにスポットを当て、生き生きとした人物、流行のしぐさ、色鮮やかな着物、柄や模様などの繊細さを展覧し、その変遷をたどる。



開催地:神戸ファッション美術館
開催期間:2016年06月18日〜2016年08月14日 10:00〜18:00 月曜日休館(祝日の場合は開館、翌平日休館) ※入館は17:30まで
※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、「問い合わせ先」欄に掲載の連絡先までご確認ください。

料金:入館料:一般500円、小・中学・高校生・65歳以上250円
問い合わせ先:神戸ファッション美術館 078-858-0050
関連サイト:http://www.fashionmuseum.or.jp/
http://www.fashionmuseum.or.jp/


posted by 不動 明斗 at 09:39 | Comment(0) | 神戸イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。